シミやくすみに直接アプローチして、若々しいハリのあるお肌へと導くアルバニアホワイトニングクリーム。

2つの美白有効成分「トラネキサム酸」「グリチルレチン酸ステアリル」が配合。

皮膚の専門クリニックにも効果や安全性が認められているので、利用者の92%満足と回答。

そんなシミ消しクリームのアルバニアが大手美容口コミサイトにて悪い口コミを多数発見!

その中でいくつか抜粋したので見てみましょう。

口コミの評価が低い

コスメ総合サイト@コスメからの口コミを引用しました。

色々なシミに対してのコスメを使ってきました。肌のターンオーバーは1ヶ月前後あるので、シミが数日でポロっと剥がれ落ちるなんて有り得ないと思いつつ、気になっていたので2本購入。やっぱり消えません。私は夜にハイドロキノンも使ってるのにダメでした。ただ、少量で伸びが良く保湿もいいので「シミが剥がれ落ちる、消える」という期待をしなければコスパは良いかもしれません。

シミがポロリと…の広告に期待を持って2本セットを購入。
もうすぐ使い終わりですが全く効果なし。
しっとりな塗り心地で保湿にはなるかも…ですがシミへの効果はゼロ。

やはり効果無くがっかりです!!
ポロっと剥がれている広告に釣られ半信半疑で頬のシミに効けばと買いました。
2週間使っても全く効果ありません。

皆さんシミへの効果にとても不満を感じているようでした。

・シミが消えない

・シミがポロっと落ちない

・保湿力はある

こんな意見が多く目立ちました。

でも試さないことには真実なんてわかりません。

ということでシミやくすみが気になるアラフォーの筆者が早速注文してみました!

アルバニアホワイトニングクリーム体験してみた!

 

まずはネットで注文。

 

簡単に注文ができました。

 

 

私は単品購入したので1本3,800円と手数料や送料などで全部で5,292円でした。

 

 

手に持つとこんな感じです。

裏面は・・・

 

 

早速つけ心地をチェックします。

 

少量でも伸びが良くてとても柔らかいテクスチャーです。

お肌の浸透力がとても早いのでベタつきなどは気になりません ^ ^

使い方

基本いつでも使用してOK。

シミやくすみが気になる人は、お肌を休ませながらゆっくり美容成分が浸透する就寝前がおすすめです。

私がアルバニアで発見できた効果は?

毎日寝る前に普段使用している化粧水とアルバニアホワイトニングクリームを塗って1ヶ月が経ちました。

【メリット】

・元々乾燥肌で朝起きるとカピカピ状態のお肌がしっとりする感じがある

【デメリット】

・口コミでもあったようにシミがポロっと落ちることはない。

公式サイトには「(シミを)はがれ落とす」に書いてあるので、ちょっとこの表現には期待をしすぎてしまいますね^^;

私が以前使用していた、シミウスホワイトニングケアジェルの方が透明感がでてクスミがなくなりました。

シミも薄くなったので、個人的にはシミウスの方がシミ・美白ケアには向いていると思います。

シミや美白に有効な成分

アルバニアホワイトニングクリームには美白成分がたっぷり配合。

シミやくすみの悩みを解決していくれる美白成分の特徴をまとめました。

トラネキサムサ酸

アミノ酸の一種でシミの原因となるメラニンの生成を抑制。

抗炎症作用があり肌荒れを予防し、シミやニキビ跡の改善する働きがある。

美白効果、保湿効果に期待がもてる成分。

さまざまな化粧品や美容液に配合されています。

グリチルレチン酸ステリアル

抗炎症作用や抗アレルギー作用に優位な成分。

皮膚の炎症、ニキビの炎症など肌荒れを抑える効果がある。

紫外線による肌の炎症にも効果は発揮する。

美白エイジングケアにも優しい6つの植物由来成分

その他にも、牡丹エキス、カッコンエキス、コメヌカ油、ユキノシタエキス、クロレアエキス、アロエエキスが配合。

これらは、「肌荒れ防止」「肌に弾力を与える」「角質をやわらげる」「透明感のあるツヤ肌」「保湿効果」をもたらします。

アルバニアの副作用や注意点

使用するにあたって副作用は気になりますよね。

アルバニアの副作用や注意点をまとめました。

メイン成分であるトラネキサム酸は皮膚科でシミ治療として処方される安全な成分です。

他にも植物天然由来で出来ており、今まで副作用の報告はありません。(2019年3月時点)

美容クリームだからといって強くこすったりしてしまうと、摩擦を起こしてメラニンが形成され黒ずみの原因になってしまいます。

やさしく顔全体にすべらせるように塗ってください。

妊娠・授乳中でも使用して大丈夫?

妊娠中・授乳中の女性はホルモンバランスの影響でいつもよりお肌が敏感になっています。

「普段使いの化粧水が肌に合わなくなった」なんて話はよくあることなので、使用して少しでも肌に影響がある場合は使用を一旦中止してください。

肌荒れや炎症などない場合は、そのままお使いください。

アルバニア成分一覧

有効成分: トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル

その他の成分: 精製水、カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、セトステアリルグルコシド・セトステアリルアルコール、アラキルグルコシド、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、コメヌカ油、ユキノシタエキス、ボタンエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエエキス(2)、メチルポリシロキサン、天然ビタミンE、ポリ アクリル酸アミド、軽質流動イソパラフィン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、フェノキシエタノール

成分の中でアレルギーをお持ちの方はご使用をお控えいただくか、医師にご相談ください。

「アルバニア」と「シミウス」どっちがおすすめ?

私のぶっちゃけた本音で言えば、シミウスの方がシミ・くすみ対策にはおすすめです。

1個使い切った時に、肌の色が明らかに違うのはシミウスでした。

アルバニアには期待し過ぎてしまった所もありますが、保湿クリームとしては良い商品だと思います。

ただ、肝心のシミに効くか?と言われますとシミウスの方が遥かに効果はありました。

シミウスの方が若干安いので、その点でのアルバニアのリピートは厳しいかなと思います。

かなり本音を書いていますので、これから購入される方の参考にしていただけたら幸いです。

これから夏の熱い季節がやってきますので、今からしっかりお肌の紫外線対策をしておきましょう。

TOPページへ